最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

次世代への取り組み

未来へつなぐ

教育制度

AFSでは、人材育成は経営戦略のひとつという位置づけであり、さまざまなステージを対象とした育成メニューがあります。
ワークステージに応じた研修を行う事により、組織内で成長を促し合う組織を目指します。

ダイバーシティ推進

ダイバーシティ推進とは…

さまざまな違いを尊重して受け入れ、「違い」を積極的に活かすことにより、変化しつづけるビジネス環境や、多様化する顧客ニーズに最も効果的に対応し、企業の優位性を創り上げることです。
お客さまのニーズは、ますます多様化しています。組織も多様化しないと、この変化には対応出来ません。組織を多様化させるためには、さまざまな人の集団である必要があります。
多様化した組織で、お互いが切磋琢磨し、個々のパフォーマンスを上げる事が会社の発展につながり、更には「お客様第一」の実現に繋がります。


具体的に何をしているの?

「さまざまな人が働きやすい職場」「誰もが活躍出来る職場」作りを目指して、新たな制度の導入や、現制度の見直しを行っています。


その他推進制度等


次世代育成支援活動

イオンフードサプライ㈱は、従業員の仕事と子育ての両立が可能な働きやすい環境を つくることによって、その能力を充分に発揮できるようにするため、次の行動計画を策定する。


  • 期間

    2017年4月1日から2020年3月31日までの3年間

  • 目標

    目標1: 男性の子育て目的の休暇の取得促進


    目標2: 子どもを育てる労働者が利用できる次のいずれか一つ以上の措置の実施


    〇 三歳以上の子を養育する労働者に対する所定外労働の制限


    〇 三歳以上の子を養育する労働者に対する短時間勤務制度


    〇 フレックスタイム制度


    〇 始業・終業時刻の繰上げまたは繰下げの制度


    目標3: 育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、


    労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知


    目標4: 年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施


    (2017年4月1日 改定)